BattleField1 オープンベータ版リリース

標準

8月30日にバトルフィールド1のオープンベータ版がリリースされました。メールに配信されてきたコードをOriginクライアントに打ち込むことで、製品をダウンロードすることが出来ます。

BF1有効化

7GBちょいで私のネット回線では30分弱でダウンロードが完了しました。早速起動してみます。

ゲームロード画面

ゲームロード画面、めっちゃ強そうじゃないですか・・・

以前までのバトルフィールドシリーズに存在した、コンクエストに相当するゲームモードは「CAPTURE AND HOLD THE FLAGS」という名前に改名され、チケットもカウントアップ方式になっているようです。また、全体的なGUIなどは、前作であるバトルフロントをリスペクトしているようで、バトルフィールド4とはまた別次元のゲームを楽しむことが出来ます。(時代も1世紀近く違いますが)

動作環境

現在、私のマシンは以下の構成によって動作しています。

  • CPU: AMD A10-7850K
  • ビデオカード: AMD Radeon 260X
  • メモリ: 8GB
  • HDD: 1TB

このような、決して高いとも低いとも言えない、ミドルクラスのスペックでも全体的に40~50fpsのフレームレートでした。ただ、ベータ版ということなので、なかなかフレームレートが不安定なのが難点ですが・・・特にリスポーン周辺の動作がとても不安定です。もうちょっと安定して製品版リリースとなることを祈ります。

バグ

The Forestのレベルでバグは存在しませんでしたが、Twitterなどで調べてみると、蘇生時に武器切り替えが止まらない、などのバグが散見されました。

プレー動画

私が試しにプレーしてみた時の動画です。拙い腕ですが、お許し下さい。

まずは、リスポーンするときの画面の遷移です。こちらは、バトルフロントをリスペクトしているようです。

こちらは戦闘シーン詰め合わせです。

戦闘機にも乗ることが出来ました。3人乗りで、うち2人が機銃操作が出来るようです。ただ、機銃の打てる範囲が狭すぎてとても戦いにくい・・・

こちらも戦闘シーン詰め合わせです。ここからは、フレンドの動画を紹介していきます。

車両もこういう感じに破壊できるんですね。

今作からナイフはなくなり、スコップか釘バットになったようです。早速スコップキルを・・・

今回はこれで以上です。今作も今作とて、ベータ版が楽しいです。が、購入するか否かは現段階ではちょっと微妙かなという感じです。(資金的に)もしかしたら、発売して暫く経った時にセールを狙って買うかもしれません。その時はその時でまたお知らせしましょう。では。