Nevermindを購入しました

標準

少し前の話になりますが、Nevermindという精神恐怖系のホラゲーを購入しました。購入動機は友人の家に遊びに行ったりする時に何かゲームが欲しいので目についた短編物がNevermindだったという訳です。Steamから1980円で購入することが出来ます。(2017年2月12日現在)

Nevermind
Nevermind
Developer: Flying Mollusk
Price: 19,99 €

コンセプト

このゲームのコンセプトは、精神科医が患者の脳内に潜入して患者の持つ過去のトラウマを探し当て、治療するというものです。トラウマに見ていて心地よいものなんて存在する訳無いですから、当然プレーしているうちに精神が蝕まれていきます…。他のホラーゲームに比べては驚かす系のイベントは少ない方ですが、少ない分違う面でプレーヤーを恐怖に陥れてくれます。

ゲームの流れ

ゲームはまず患者の脳内に入るところから始めます。タイムマシンのようなカプセルに入れられて間もなくすると、患者の脳内に入ることが出来ます。トラウマは患者自身も思い出したくはないものなので、基本的に記憶の奥底にあるため、そこまで潜入していく必要があります。ところどころ問題を解かねば進めないチェックポイントや、少し頭を使わないと進めないところなどもあり、一筋縄ではいかないのが面白いです。また、道端にところどころ挿絵のようなものが落ちていて、それを最終的に10枚集めるのがゲーム進行部分の目標です。その後、その集めた10枚の中から本当にトラウマに関与する5枚を選び実際のストーリー通りに並び替えるまでがゲームの流れです。また、全編で日本語の字幕が付いているので、英語が分からない!という方でも安心してプレーすることが出来ます。

バイオフィードバック

このゲームではバイオフィードバックという独自のシステムを導入しています。どういうものなのかというと、プレーヤー自身の心拍数・顔の表情の変化をゲームが監視することで、常にゲーム内の恐怖度が変化するというのです。プレーヤーが恐怖や焦りなどを感じれば感じるほどゲームは恐怖の強い方向へ進んでいきます。いかに精神科医として冷静に進められるか試されるわけです。このバイオフィードバックを利用するためには、対応している心拍センサー(Apple Watchなど)や対応した3Dウェブカメラなどが必要で敷居は高いですが、もし揃っているならとてもゲームを面白くしてくれるでしょう。もしこれらの機器が無かったとしても、ゲーム内の恐怖レベルは常に最高になってくれるらしいので安心です。←

総括

精神恐怖系のタグがつけられるのがよく分かるくらいにプレーしていて精神が削られます。しかしながら、プレーしても損することはないし、一人でプレーするのに勇気が必要なほどでも無いのである意味気軽にプレーできるのでおすすめです。割引の時は結構安くなるので、この機会に是非。(最安値396円)

CoD BO3を始めてみました

標準

先日、何かゲームを買おうと思いSteamを色々とあさっていたら「Call of Duty: Black Ops III – Multiplayer Starter Pack」というパッケージが1,440円で販売されていたので、この機会にと思い購入してしまいました。

このマルチプレイヤー・スターター・パックと言うのは、CoD BO3の中でもキャンペーンなどのオフライン要素を排除した、マルチプレイのみが遊べる制限パックです。CoDシリーズはキャンペーンが見どころだと言われていますが、完全版にアップグレードする時には、

「Call of Duty: Black Ops III」の完全版にいつでもアップグレードすることができ、スターターパックに支払った分が自動的に完全版またはデジタルデラックスエディションの価格から割り引かれます。

として、いずれ完全版を購入しようと考えているのであれば、お試し程度には最適だと思います。また、CoDシリーズに触れてみたいと考えている人にも、そんなに高額ではありませんから取っ掛かりやすいのも特徴です。

このパッケージで利用することが出来ない機能は以下の通りです。

  • ゾンビモード
  • キャンペーンモード
  • マルチプレイヤーのカスタムゲームをプレイする機能
  • プレステージ機能(スターターパックのレベル上限55)
  • MODツールまたはMODコンテンツへのアクセス(リリース後)
  • スタンダードマッチ用サーバーブラウザへのアクセス(リリース後)
  • プロフィールのやり直し機能
  • 「DEAD OPS ARCADE II 」およびナイトメアモード

ゾンビモードとキャンペーン以外はあまり大きくなさそうです。(初心者並みの感想)
では早速プレーしてみました。

近接攻撃のAIM力といったら、凄い以外に言葉が見つからないくらいに巧みで驚きます。私が今までプレーしてきたFPSゲームとは色々なものが異質で、例えば人が飛んだりスライディングなどの要素があったりして、なかなか慣れることが出来ません。普段真ん前しかプレーしてる時に見ませんから、上から降りてくる人なんて捕捉できませんし大変です。

初期武器では本当に酷い戦績ばっかり取っていたんですが、開放した別銃にするとなんとなくKDR1近くなってきて嬉しい感じです。ゲーム自体は驚くくらいに軽いので、気軽にこれからもプレーしていけたらなといった感じです。

Universe Sandbox2を購入しました

標準

先日、Universe Sandbox2をSteamを通して購入いたしました。現在の価格は2,480円です。

Steamでは、早期アクセスのシミュレーションゲームとして、VRにも対応しているとても凄いソフトウェアです。

Universe Sandbox ²
Universe Sandbox ²
Developer: Giant Army
Price: 22,99 €

このUniverse Sandbox2は宇宙に関する様々な物理法則を掌握し、様々な仮想的な実験が出来ます。私は幼いころから、科学館などに設置されている太陽系シミュレーターなどに目を輝かせていたので、このようなソフトは本当に楽しみでなりません。存在を知り、早速購入してみた次第です。

Steamからソフトを起動してみると、早速壮大なBGMが流れ始め、視点は太陽系を俯瞰する位置になります。

universe sandbox2 起動時

目についた機能としては

  • リアルタイムで惑星・恒星などの、速度や公転周期、自転周期、表面温度などの情報が見れ、グラフとして見れる。
  • 惑星の内部構造、密度、質量、速度なども簡単に変えられる。
  • 惑星の表面の状態が、温度や隕石衝突などの要因で変化する。
  • 様々な惑星、衛星、恒星、ブラックホール、銀河を任意の場所に設置できる。
  • 時間の速さを自由に幅広く調整できる。
  • 惑星に様々な外力を加えられる。
  • 重力加速度を違反なまでに高く出来る。
  • 軌道、軌跡が表示できる。
  • 恒星周囲のハビタブルゾーンが確認できる。

などなど、数え切れません。

以下、ちょっと遊んでみたところのスクリーンショットを載せていきます。

太陽系にリゲルを設置したら、大混乱。

重量級の恒星は太陽とは比べ物にならない重力を誇ってますね。いろんな惑星が加速スイングバイして宇宙の彼方へ。

星雲誕生

恒星と恒星が衝突すると星雲が誕生します。これが次世代の星の原料になるんですね。

蒸発する月

太陽の傍を公転し、蒸発している月です。右側で温度などのパラメーターが確認できます。

俯瞰蒸発月

蒸発する月を俯瞰してみた様子です。状態のみで言うと彗星と同じ感じですね。吹き出るものの成分が少し違いますが。

太陽爆破合作

太陽に爆発的な外力を加えてみた様子です。地球を含めいろいろな惑星があらぬ方向へ。

月の再構成実験

地球の周りに小さい衛星を設置して、月を作ってみようと試みた様子です。周りの衛星が衝突しあって、地球にその破片が降り注いだおかげで世紀末状態になっています。

スクリーンショットの一部をアップしましたが、これ以外にも手に余すほどの機能が用意されています。前作のUniverse Sandbox(980円)とは比べ物にならないくらいです。英語版のみでのプレーになりますが、購入して遊んで見る価値はありそうです。

The Forest v0.46cリリース

標準

2日ほど前、The Forest v0.46cがリリースされましたので、早速プレーしてみました。

The Forest
The Forest
Price: 14,99 €

公式側からの修正点は以下の通りです。

  • Fixed skinning animal animation not resetting if player is on fire
  • Fixed sitting on bench animation getting stuck if player sits whilst attacking
  • Fixed stick + cloth upgrade recipe not working when not owning bow
  • Fixed items hard to interact with in inventory at low FPS
  • Fixed twinberries pink on the crafting mat

上から順に和訳すると

  • プレーヤーが火の上にいるとき、動物のスキンアニメーションがリセットされないのを修正
  • 攻撃モーション中にベンチに座ると、動かなくなるバグの修正
  • 弓を持っていない時に木の棒と布のアップグレードレシピが動作しないバグを修正
  • 低FPS環境の時、インベントリのアイテム操作が難しかったのを修正
  • ツインベリーがクラフティングマットで広げられるように修正(実装)

と言った内容です。どれもあまり実感したことない点についての修正点ですね。
他にも、動物の毛皮を剥ぐときは、以前まではモーション無しで一瞬で取得できたものが、バージョンアップにより毛皮をしっかりと剥ぐモーションが追加されました。

しかし、依然としてバグの数は減らず、階段の通りぬけバグを使って階段を登ることも出来てしまう始末です。

階段引っ掛かりバグ

モンスターズ・インクに登場するドアを運ぶあの装置みたいな感じです。

他にもボートの座礁時用に用意されているのであろう「押す」機能を不正に利用すると、加速しすぎて空も飛んでしまうようです。

これはひどい!自分も飛んだ時腹が捩れそうなくらい笑いました。ここまで綺麗に飛ばれると、もはや仕様なのではと疑ってしまうくらいです。更に驚くことに、この後ボートは二度と海に浸かることはありませんでした。

飛び続けるボート

銀河鉄道もびっくりのバグです。ボートを弓で射ると跳ねるバグと同様、早めの修正が急がれます。(直らなくてもそれはそれで楽しいのでまぁ別に・・・)

次のバージョンは今日から11日後の9月22日です。次は何が修正されて帰ってくるのでしょうか。とても楽しみです。

BF1 ベータテスト版終了

標準

9月8日にBattleField1 ベータテスト版の配信が終了しました。

8月30日~9月8日という非常に短い期間でしたが、重大なものから軽微な(?)バグまで様々なものが散見されました。The Forestも引けをとりません。
ここで簡単にですが、Twitterで検索して出てきた動画を選別しまして、バグやゲームシステムなどの考察とします。

バグ

今回特に多く見られたのは戦闘機周りの物理演算です。

追突すると、非常に高い確率で合体するようです。他にも合体系の動画はたくさんありました。

上記の場合は、墜落後も色々とおかしい点が・・・

また、戦闘機同士での合体以外にも、あらゆるオブジェクトに戦闘機は合体していくようです。

次にプレーヤーの死体の挙動に関するバグです。

このように、デス後の物理演算がちょっとおかしいようです。こういうバグはFPSゲームあるあるなんですけどね。他にも色んな場面で見ることが出来ました。

死んだ後も立ち続ける弁慶リスペクトな感じでしょうか。

馬すら固まってる所から見ると、全体的に動的オブジェクトは固まりやすい性質にあるのでしょうか。

また、これは動画は存在しませんが、BF1に搭載されている天候変化が実はローカルレベルの変化であることが分かり、人によって砂嵐の状態が違うと言った、ゲームバランスを大きく崩壊させかねないバグが存在していたこともオープンベータ版の配信終了直前に明らかになっています。

ゲームバランス

前作までには見られなかったゲームシステムが多数登場します。まずはBF1の時代背景、第一次世界大戦らしい馬の登場です。ただし、馬ちょっと強すぎなので弱体化して欲しいですね。

また、近接格闘もスコップやバットをメインとしたメトロな感じに様変わりしました。こちらはちょっとスコップパワー強すぎって感じの動画ですが。

また、前作と比べて戦闘機のパイロットを、露出面が多い為比較的容易になっているのか、ただのバグだったのかよくわかりませんが、抜けます。

これは凄いですね・・・もっと別の環境下でパイロット抜きを試みた時はどうなんでしょうか。

また、戦車も徒歩程度の速度まで遅いのでこのように接近戦に持ち込めば、BF4でのリペアツールに相当するツールで破壊することも出来ます。

 考察

このようにBF1独自のゲームシステムを導入した結果、バグが非常に多く出来てしまったような感じです。また、全体的に乗り物系が強いようにも感じます。(アーマーが薄いからかな)

まだまだ改善するべきバグ・システムなど多いですが、製品版でこれらをいかにブラッシュアップしていくのか、EAの見せ所ですね。発売を心待ちにしています。

BattleField1 オープンベータ版リリース

標準

8月30日にバトルフィールド1のオープンベータ版がリリースされました。メールに配信されてきたコードをOriginクライアントに打ち込むことで、製品をダウンロードすることが出来ます。

BF1有効化

7GBちょいで私のネット回線では30分弱でダウンロードが完了しました。早速起動してみます。

ゲームロード画面

ゲームロード画面、めっちゃ強そうじゃないですか・・・

以前までのバトルフィールドシリーズに存在した、コンクエストに相当するゲームモードは「CAPTURE AND HOLD THE FLAGS」という名前に改名され、チケットもカウントアップ方式になっているようです。また、全体的なGUIなどは、前作であるバトルフロントをリスペクトしているようで、バトルフィールド4とはまた別次元のゲームを楽しむことが出来ます。(時代も1世紀近く違いますが)

動作環境

現在、私のマシンは以下の構成によって動作しています。

  • CPU: AMD A10-7850K
  • ビデオカード: AMD Radeon 260X
  • メモリ: 8GB
  • HDD: 1TB

このような、決して高いとも低いとも言えない、ミドルクラスのスペックでも全体的に40~50fpsのフレームレートでした。ただ、ベータ版ということなので、なかなかフレームレートが不安定なのが難点ですが・・・特にリスポーン周辺の動作がとても不安定です。もうちょっと安定して製品版リリースとなることを祈ります。

バグ

The Forestのレベルでバグは存在しませんでしたが、Twitterなどで調べてみると、蘇生時に武器切り替えが止まらない、などのバグが散見されました。

プレー動画

私が試しにプレーしてみた時の動画です。拙い腕ですが、お許し下さい。

まずは、リスポーンするときの画面の遷移です。こちらは、バトルフロントをリスペクトしているようです。

こちらは戦闘シーン詰め合わせです。

戦闘機にも乗ることが出来ました。3人乗りで、うち2人が機銃操作が出来るようです。ただ、機銃の打てる範囲が狭すぎてとても戦いにくい・・・

こちらも戦闘シーン詰め合わせです。ここからは、フレンドの動画を紹介していきます。

車両もこういう感じに破壊できるんですね。

今作からナイフはなくなり、スコップか釘バットになったようです。早速スコップキルを・・・

今回はこれで以上です。今作も今作とて、ベータ版が楽しいです。が、購入するか否かは現段階ではちょっと微妙かなという感じです。(資金的に)もしかしたら、発売して暫く経った時にセールを狙って買うかもしれません。その時はその時でまたお知らせしましょう。では。

The Forestを始めてみて

標準

数日ほど前、Steamから発売されているThe Forestを購入しました。お値段は1,480円です。現在はオープンベータ版としてリリースされている為、Steamでも「早期アクセス」扱いです。これからの発展が期待されます。

The Forest
The Forest
Price: 14,99 €

Steamのゲーム紹介には以下のように書いてあります。

As the lone survivor of a passenger jet crash, you find yourself in a mysterious forest battling to stay alive against a society of cannibalistic mutants. Build, explore, survive in this terrifying first person survival horror simulator.

意訳すると以下のようになります。

ジェット機墜落事故の唯一の生存者として、あなたは謎の森に棲む反社会的食人族と戦いながら、自分自身を見つけ出します。このサバイバルホラーFPSで建築し、探索し、生き延びてください。

なんか凄い設定ですね・・・取り敢えず、設定は把握したのでゲームスタートです!

ゲームシステム

このゲームでは、森に存在する殆どのオブジェクトを破壊することが出来ます。例えば、木は伐採できるし、散乱したスーツケースはこじ開けることができるし、生き物は狩ることが出来ます。もちろん、食人族も狩ることが出来ます。

そうして、森で採取した素材を組み合わせて色々な道具や建物を建設できます。感覚で言ったらMinecraftのような感じです。また、日数を経るごとに相手のバリエーションが豊富になるほか、生存する森のバックストーリーを楽しむことが出来ます。このストーリーについては、森の色々な場所に手がかりが存在しているので、是非探して見てください。

また、このゲーム特有のキャラクターパラメーターとして、体温・衛生などが存在します。それらを維持しながら生き延びていかなければなりません。

バグ

このゲームの楽しむ要素の一つと言ってもいいほどです。このゲームは冒頭で説明したように現在もベータ版です。なので、ゲームのいたるところに致命的なバグが存在します。例えば、死体をつつけば自分が空高く吹っ飛び、木をストックに置けばそれだけで吹っ飛ぶなどです。バグを探すのも楽しいので、そちらの方も視野に入れつつゲームを進めていけばより楽しいゲームライフを送ることが出来ると思います。

スクリーンショット

ここでは、軽くスクリーンショットを紹介していきます。もちろん、ネタバレはしない範囲でです。画像をクリックすることで、画像のタイトルと拡大しての閲覧が可能です。お楽しみください。

The forest 起動画面

絵面に問題

バグ

棒でつついて飛びました

文明の発達

 

レビュー

ゲームシステムもとても面白く、しかも現在も開発段階なので、これからも様々な機能が増えていくことが期待されます。また、グラフィックも十分綺麗で、バグが垣間見えるものの、木の倒壊やオブジェクトの破壊表現が細かで良いと思います。マルチプレー(というか、マルチープレー推奨です。)にも対応しているため、フレンドとも遊ぶことが出来ます。食人族が棲む洞窟なども点在し、攻略も楽しめます。さらに、このゲームの特有のシステムである、体温・満腹度・衛生なども気にしながら過ごさねばならないので、サバイバルという感じを醸してくれます。

是非この機会に手を伸ばしてみてはいかがでしょうか。